なっぷとは
キャンプ場を口コミやランキング検索したり
予約ができるキャンプ場検索・予約サイトです。
新規会員登録はこちら

次回から表示しない
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら

北海道キャンプ場:346

北海道のキャンプ場は、広大な大地のもと南は函館から北は稚内までキャンプ場スポットが沢山あります。北海道のキャンプ場は、林間や公園、高原に構えるキャンプ場も多いですが、海沿いにあるキャンプ場も多いので、オホーツク湾などの壮大な景色を大自然の中で楽しむことができます。また北海道のキャンプ場は、オートキャンプサイトだけでなく、バンガローやコテージ・キャビンを持つキャンプ場が多いので、夏以外の少し寒い時期でも、しっかり防寒しながら楽しむことができるのが特徴です。立ち寄り温泉や、お風呂を構えているキャンプ場も多いですし、なんと露天風呂付きのコテージなどもありますので、北海道のキャンプ場ではリゾート気分も味わうことができます♪

日付からキャンプ場を探す

北海道のマップから探す

北海道のキャンプ場の口コミ

最新のクチコミ

iso999

ニニウキャンプ場

北海道勇払郡占冠村ニニウ

皆が笑顔になれますように。
4.67

  • 【投票数0票】

木々に囲まれた隠れ家的な雰囲気な場所もあれば、木々が開かれた開放的な場所もありたっぷりと自然を感じられるキャンプ場です。高規格のように整備され過ぎている訳でもなく、適度な自然のままでユッタリした時間を感じられます。 道道よりキャンプ場に行くまでの道のりが「何処に行くんだ~。この道で大丈夫か~。すれ違い出来ないぞ~」と気分を盛り上げてくれます。砂利道とはいえ轍がそれほどでないので小生の車高ダウンのミニバンでも問題なく走行可能です。 確かにサイトにいると高速道路の走行音は常に聞こえますが、これが逆に小さいお子さんいる方やビギナーには安心感があるのではないでしょうか。 受付時の対応もスムーズで全く非になるところは感じられません。むしろ忙しさにも関わらずお邪魔してしまったりとしていますが、おくびにも出さず対応下さっております。 管理棟内でボルタリングができる。いろんな体験イベントもある。自転車も借りれて遊べる。スラッグラインも常設。自動販売機もあるし、好きな人には生ビール。アイスもあります。むしろそんなになくてもいいくらいです。 全体としてサイトは広めですが傾斜があるところもあります。オートサイトもありますがフリーサイトでも荷卸し時には近くに車を置けるのでそれほど苦にはなりません。 水道施設及び綺麗な洋式のトイレが場内に数箇所あります。基本清掃されたシンク、綺麗なトイレですが、あとはキャンプ場を利用される各位の気持ちひとつだと思います。一人一人がちょっとでも綺麗に使おうとする配慮あればいいのになと思う次第です。 蛇口について触れている方がいらっしゃいましたが、全部がそうではなく通常の蛇口もあります。昔の設備を流用している部分もあるかと思いますが気にされるなら違うエリアの水道施設に行くだけで済むとは思います。 一点しいて言うなら、個人的にはコインシャワーでもあれば有難いなーと思ってしまいます。 適度な管理で、夜も適時見回りあるようです。これ以上は特に求めておりません。十分です。 忘れ物するとかなりの痛手です。買い物が気軽には行けません。(小生、ジンギスカンのモヤシ忘れてしまい、ただの焼肉みたいになってしまいました(T0T))温泉施設にもなかなかの距離の道のりがあるので気軽には行けません。 他の方も触れていますが、徒歩圏内に川もありますので小さい子には水遊びで、大人の好きな方には釣り竿持っていきたい所ですね。また、サイト内いろんな虫もいるので好きな方には虫取り網とカゴを持ってくることをお勧めします。 日々仕事の孤軍奮闘から逃れ、心を整えに、静かな環境で一日ゆっくりと過ごそうと、そして管理人さんにお会いしたいといった思いで、再オープンしてから毎年お伺いしております。 ここ1,2年ですっかり人気キャンプ場になってしまい、喜ばしい事と思いながらも小生が求めている環境とかけ離れてきておりながら実直な人柄が好感をもてる管理人さんとの何気ない会話を求めて、ついつい足が向いてしまっております。 いろんなキャンプスタイルがあるので各位の求める所は三者三様ですが「自然を体感したい。管理人さんが優しい。トイレがきれい。秘境的な雰囲気が良い。」を求めるのであれば素晴らしいキャンプ場かと感じております。 ...

    北海道のキャンプ場ご紹介

    北海道のキャンプ場は夏でも過ごしやすく、雄大な自然の中でキャンプやバーベキューを楽しむことができるのが特徴です。

     

    北海道のキャンプ場アクセス環境

    北海道のキャンプ場に行く場合に特に気を付けたいのは、やっぱり冬季期間の路面の凍結です。春先でも状況によってはまだまだ雪解けもされていない道路もあるので、キャンプ場に行く前に、しっかりと問い合わせて状況を聞くのがオススメです。北海道に行く際には、事前のキャンプ場へのヒアリングや、「北の道ナビ」というサイトもありますので、事前に交通情報を確認のうえ、キャンプ場に行かれることをオススメします。

    北海道のキャンプ場に行く際のオススメ観光情報

    北海道で一度は見てみたい、世界遺産の「知床」!実は知床では、様々な自然体験があったり、観光船で楽しむコースもあります。勿論、お食事も美味しいので、キャンプ場から早起きして楽しむのもアリかもしれません。また日本最北端の「宗谷岬」に行った際には、日本最北端の地の碑の前で写真を取ったり、正面にはサハリンの島影が浮かび上がるので、日本の最北端であることを実感できます。
    世界遺産・最北端だけでなくとも、北海道のキャンプ場周辺では、勿論海岸線をドライブして楽しむのも良いですし、様々なところに牧場や自然公園、競走馬だって見ることができるんです。別に林間のキャンプ場などでは、何もせずとも大自然のマイナスイオンを浴びながら、ゆっくりする。それもまた一つの観光の魅力かもしれません。

    北海道のキャンプ場に行く際のオススメ観光スポット

    ・洞爺湖

    支笏洞爺国立公園にある湖。北の大地をぐるっと見渡すことができる広い展望台「サイロ展望台」は洞爺湖の島々はもちろん、ニセコまでを見渡すことができます。ほかにも遊覧船やロープウェイからのパノラマビューなど見所満載です。

    ・釧路湿原国立公園

    日本国内最大の湿原である“釧路湿原”を中心とする国立公園。広大な園内には湿原内を歩ける木道が整備され、季節の花々や、野鳥などを間近で観察することができます。展望台からは双眼鏡を使ってタンチョウが見られることもあります。

    ・知床五湖

    自然豊かな世界自然遺産知床を象徴する景勝地。知床連山を背景に原生林の中にたたずむ5つの神秘的な湖です。多くの野生動物の生息地でもあり、遊歩道の散策は非常に人気があります。

         

    キャンプ大好き!名無しさん

    キャンプ場の口コミ

    • 口コミ:件/票
    • 写真:件/票