なっぷとは
キャンプ場を口コミやランキング検索したり
予約ができるキャンプ場検索・予約サイトです。
新規会員登録はこちら

次回から表示しない
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら

長崎県キャンプ場:56

長崎のキャンプ場は、長崎の地形柄、主に海岸沿いにたくさんあります。長崎には、「五島列島」をはじめとする多くの島があるので、各島々を巡りながらキャンプを楽しむこともできますね。長崎のキャンプ場は、海を眺めることのできるキャンプ場がたくさんあるので、マリンスポーツを楽しんだり、海で釣った魚で海鮮バーベキューを楽しんだりできます。また、長崎のキャンプ場は、海と山の距離が近いこともあり、海キャンプ、山キャンプの両方を1度に楽しめる、贅沢なキャンプ場がたくさんあるのも魅力的です。さらに長崎の小さな島にあるキャンプ場では、キャンプ場をベースに、ドライブやサイクリングで島を1周しながら自然を感じることができますね!

日付からキャンプ場を探す

長崎のマップから探す

長崎県のキャンプ場の口コミ

最新のクチコミ

yuu.

龍頭泉いこいの広場キャンプ場

長崎県東彼杵郡東彼杵町中岳郷1535

また別の季節にも行ってみたい。
4.67

  • 【投票数0票】

昨年の夏にもう少し上にある滝で遊んだ事はあったのですが、今回は暑くもなく寒くもない程よい時期で快適でした。焚き火用の木を集めてまわるのも山中歩きやすく子供と一緒に楽しめました。夜は真っ暗なのでランタンがあると便利。 大村のICを降りて車で20分ちょっと…だったはず。途中人気のジェラートを食べに寄り道して行きました(^^) 「松ぼっくりが燃えやすいよ」「薪木を折るには…」と親切に声を掛けて頂きました。子供連れだったので色んなアドバイス嬉しかったです。 炊事場は広く、いくつもあり他のグループとも重ならず広々と使用する事ができました。 他のグループは大きなキャンプファイヤーをされていて見ているこちらも楽しめました。 広場と遊具もフロント近くにあり、テントを張る前にひと遊び。 ドッグランもあったのですが子供と愛犬だけが遊びに行ったので残念ながら見てなかった…子供達はあちこち走りまわって汗だくでした笑 前回行ったキャンプ場のトイレはあっちもこっちも虫だらけでソワソワしましたが、こちらは入り口に網戸が設置されてあり安心して使用できました‼︎女性にとってこれは本当に嬉しかった。 そういえばゴミが全く落ちてなかったな…清掃もしっかりされていました。 夏には滝でも泳げるし、道中のジェラート屋さんも楽しみのひとつ。 近くに買い物する場所はありませんでしたが、食材など事前に準備していたので平気でした。 ...

  • 長崎県 龍頭泉いこいの広場キャンプ場 の口コミ写真r9616
  • 長崎県 龍頭泉いこいの広場キャンプ場 の口コミ写真r9616
  • 長崎県 龍頭泉いこいの広場キャンプ場 の口コミ写真r9616

長崎のキャンプ場ご紹介

九州の北西部に位置し、島々の多い長崎のキャンプ場。
多くの観光客を集めるハウステンボスを筆頭に観光名所も多々あり、全国から人の集まるになります。

 

長崎のキャンプ場アクセス環境

長崎は坂の多い県として有名です。市街地には、路面電車や、バス、レンタル自転車などの設備が充実しています。長崎の市街地に近いキャンプ場に行く場合は、それらの公共交通機関を使うのがおすすめです。また、長崎にあるたくさんの島々でキャンプをしたい人は、フェリーを使って島に渡ります。「五島列島」へは、長崎市内や佐世保市内からもフェリーが出航していますので、「九州商船」などの公式サイトでご確認ください。

長崎のキャンプ場に行く際のオススメ観光情報

長崎には、ハウステンボスや平和記念公園、グラバー園などたくさんの観光スポットがありますが、長崎のキャンプで必ず立ち寄りたいのは「小浜温泉」です。海岸沿いにはたくさんの温泉旅館や立寄温泉があり、海を眺めながら、のんびり温泉につかってリフレッシュできるのは魅力的です。キャンプ場をベースに温泉巡りを楽しむのもありですね。また、長崎の島原半島中央部には、「雲仙岳」という火山があり、今も火山活動を続けています。最高峰の「平成新山」は,標高1,483mあり、雄大な山々を感じながら登山を楽しむこともできます。また、雲仙岳の周辺には、雲仙温泉をはじめとする多くの温泉があり、天気がよければ長崎半島を一望しながら、ゆっくり温泉を満喫することもできます!

長崎のキャンプ場に行く際のオススメ観光スポット

・稲佐山

2015年に「日本新三大夜景」に選ばれた人気スポットです。稲佐山山頂へは、ロープウェイでも行くことができ、登山道も整備されていてるためハイキングも楽しめます。

・雲仙地獄

雲仙の古湯と新湯の間の白い土(温泉余土)におおわれた一帯で雲仙観光の中心となっています。ここからわきだす温泉の泉質は硫黄泉で、強い硫黄臭が漂う中、もうもうと立ちあがる湯煙の恐ろしげな様子は地獄の景色そのものです。

・九十九島

208もの島から成る九十九島。リアス式海岸と緑の島、青い海が織りなす景色は見事です。人が住む有人島は4島、他はすべて無人島で、ほぼ全域が西海国立公園に指定されています。

     

キャンプ大好き!名無しさん

キャンプ場の口コミ

  • 口コミ:件/票
  • 写真:件/票