なっぷとは
キャンプ場を口コミやランキング検索したり
予約ができるキャンプ場検索・予約サイトです。
新規会員登録はこちら

次回から表示しない
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら

大分県キャンプ場:87

大分のキャンプ場は、林間や高原、海岸線など大分内にバランスよくキャンプ場が作られているのが特徴です。特に、熊本にある阿蘇山を取り囲むようにあります。林間の豊かな自然に中に作られた大分のキャンプ場には、コテージやバンガローなどの宿泊施設がたくさんあり、森林浴をしながら別荘気分を味わえるのが魅力です。また、大分のキャンプ場には、太平洋を一望できる海岸沿いにもたくさん作られています。大北の特産物でもある、関サバや、大分ふぐなどの海産物店もたくさんあるので、海を望みながら海鮮バーベキューを楽しむのもいいですね!そして、大分と言えば、「湯布院」をはじめとする温泉地があることでも有名です。キャンプ場をベースに温泉巡りを楽しみたいですね。

日付からキャンプ場を探す

大分のマップから探す

大分県のキャンプ場の口コミ

最新のクチコミ

akeey

初キャンプということでケビンに宿泊しました。ケビンの周辺は道路に囲まれているので子供たちが遊べる広場まで数十メートル歩いていかなければならないため、子供たちの様子を見ながらケビンで過ごすことが出来なかったのが残念です。(ウッドデッキに立てば広場の方は見えますが声が聞こえるほどの距離ではありません) アスレチックもあるのですがケビンやテントサイトからはずいぶん離れています。 標高が高いため夜は10℃近くまで冷え込みますので防寒必須です。 運よく雲が晴れて満天の星空を眺めることができました。子供も大喜び!次は流星群が現れる時にぜひ行きたいと思います。 日田ICから小一時間ほど掛かります。工程の半分以上が山道ですがきちんと舗装されているので特に問題はありません。木の花ガルデン(大山店)を過ぎたあたりからスノーピークの看板が主要な場所に出ていますので、道に迷うことはほとんどないと思います。 チェックインの手際があまり良くなく、スタッフが少ないためか、支払いとカギをもらう場所を行ったり来たりしていました。数名お客様が待たれていたためか、レンタル品の説明もなくこちらから聞くと「向こうに(店の隅)に名前を書いて置いてありますので持って行ってください」と…。使い方や返却場所、返却時の注意事項などの説明はありませんでした。 それとキャンプ初心者のため、炭と灰の処理の仕方が分からずチェックアウト直前に聞いてみたのですが、「火完全に消えた状態で燃えるゴミで捨ててください」と言われたのみ。土がある場所なら水も掛けられたのですがウッドデッキしかなかったので苦労しました。 ケビンには調理器具はだいたいのものが揃っており、コップ、お皿、お箸があれば料理はできます。洗剤とスポンジはありませんでした。 トイレは温便座のようでしたがコンセントが抜かれており温かくなるかどうかはわかりません。洗面台はお湯が出ます。またシャワー室は狭いですがお湯もきちんと出るので問題ありません。 寝具は敷布団、枕、綿掛け布団、毛布があります。ベッドはしっかりした作りですが、シングルの敷き布団の両端が少し曲がってしまうくらい狭いので、体の大きい方は床で寝るのもありです。 ケビンの床は固く冷たいので10月頃からは建物の中でも寒いと思います。 ゴミは400円で引き取ってもらえます。分別して捨てる必要がありますが、持ち帰らずに済むのは助かります。 スノーピークのアウトドア用品も買えますし、ビール、焼酎、アイスクリーム、ジュース、氷は買うことができます。 ケビン内の掃除は問題なし。ウッドデッキも綺麗に掃除されていました。ただしウッドデッキは床が抜けてるところが何カ所かあって、大きい穴には板を置いて塞いで(といっても釘なので固定はされていない)いましたが、小さい穴はそのままで釘の頭が出ているところがあったので、小さい子供には危険を感じました。 ナビでは日田ICを降りて右に誘導されたのですがスーパーがありませんでした。コンビニは時々ありますが、木の花ガルデン大山店の手前のデイリーから先はコンビニすらなくなります。買い忘れがあった場合、スノーピークからデイリーまで片道30分。山道なので結構たいへんです。 唯一見つけたスーパーは日田ICを降りて左手すぐにサニーがあり、隣にはホームセンターグッデイがありました。 木の花ガルデンで新鮮な野菜や果物が買え、併設のレストランでバイキングも楽しめます。もう少し下れば大山町に2017年秋にオープンした旅館があり立ち寄り湯をされています。露天風呂の景色も気持ちよく、施設内には小さな子供が遊んで待てる場所もありますので退屈しないと思います。 土日利用でしたので子供が多かった印象ですが、21時過ぎには静かになり、虫の声や川のせせらぎが聞こえてきて落ち着きました。9月も後半になれば夜は冷えますが、外で過ごせない温度ではないので、澄んだ空気と星空を堪能しました。...

    Satoshi1979

    他の口コミの通り、周りには何もなく、広い青空が広がり、阿蘇くじゅうの山々が望めました。 立地条件は、自然を堪能するキャンプ場なので、便利さはないですが、自然を楽しむキャンプと割り切れば、いい場所にあると思います。 受付の方もフレンドリーに対応していただき、キャンプ場には入浴施設がないので、近くの温泉施設をこちらの要望に沿った形で案内してもらってよかったです。 炊事場とトイレのみですが、大変手が行き届いているので、気持ちよく使用できました。また、薪や炭についても受付のカフェで販売してあるので、便利でした。ただ、入浴施設があればよかったかな。近隣に温泉がありますが、営業時間との兼ね合いで、結構バタバタするので。。。 炊事場やトイレは清潔に管理されており、よかったです。また、夜10時以降になると、炊事場とトイレの電気が消灯されるので、星空鑑賞もできます。 キャンプ場周辺には温泉施設が多数あり、我が家はにはまだ乳飲み子がいたことから、家族風呂のある施設を案内してもらいました。また、くじゅうということもあり、周辺には様々な施設(夢の大吊橋、ドラムタオの練習場、自然動物園等)があり、キャンプ以外にも楽しむことができます。 夏休みが終わって最初の9月の土日で行ってきましたが、結構子供連れのファミリーキャンパーが多かったです。また、九州各県のナンバーの車が大変多く、人気のあるキャンプ場だと思いました。また、利用してたいと思います。...

      Tsumashu

      8月に行きましたが、もう本当涼しくて、むしろ夜は寒いくらいでした。。空気が澄んでて、仰向けで綺麗な星空を見ながらする4歳児の歯磨きは最高だったようです! ナビは信じないという事で、有名な細道はクリアしましたがその次にナビを信じてしまった結果遠回りして細い道を行かされました(笑)普通に行くと200メートルくらいのところを細道遠回りで2キロくらい??おとなしく大きい道路を行くべきです。。 愛嬌のあるスタッフさんが多く、普通に世間話ができてすごく居心地の良さを感じました。 トイレはすごく綺麗でした。しかし夜中に男子トイレの大便器がずっと鍵がかかっていて、故障なのか人が入ってるのかわからずに苦労しました。親が出るのもすごくありがたく、温泉も入れて気持ちよかったです。 スノーピークの商品がたくさん陳列されてて、もう買わずにはいられませんでした(笑)テーブルを買っちゃいましたが、買いたくなるような陳列もされてあり、すごく綺麗にされてました。 近くにヤマメの里があり、そこで子供も初めての釣りを経験!ヤマメ釣ってキャンプ場で焼いたら最高だろうな〜持ち帰り庭で串刺して美味しくいただきました! ...

        大分のキャンプ場ご紹介

        山間や高原にあるキャンプ場が多く、真夏でも過ごしやすい大分のキャンプ場。
        美しい自然の中で釣りやハイキング、森林浴などを楽しんだり、スポーツコートを備えたオートキャンプ場などさまざまな遊びに対応しています。

         

        大分のキャンプ場アクセス環境

        大分のキャンプ場へ行く場合は、自動車を使ったアクセスが最も便利です。大分内には、九州自動車道などの主要な高速道路が整備されているので、他からのアクセスも簡単です。時期によっては、温泉地への観光客で高速道路が渋滞している場合もあります。大分のキャンプ場へ行く場合は、事前に道路状況を確認することをおすすめします。

        大分のキャンプ場に行く際のオススメ観光情報

        大分と言えば、「別府温泉」や「湯布院」をはじめとする日本随一の温泉地がたくさんあることで有名です。温泉地の周辺は、豊かな自然に囲まれた場所が多いので、自然を感じながら温泉を満喫することができます。温泉地の周辺にもたくさんのキャンプ場があり、キャンプ場をベースに温泉巡利をする楽しみもあります。キャンプで遊び疲れたあとの温泉は、格別です!また、大分のキャンプ場は、キャンプ施設に温泉があるところも多いのが魅力です。別府温泉周辺に行かれる場合は、「別府なび」という情報サイトがあるので、ぜひ参考にしてみてください。さらに大分の特産物である、ふぐは必ず食べておきたいですね。海の近くにある、海産物店や魚市場で新鮮なふぐを仕入れて、海でバーベキューをするのがおすすめです。

        大分のキャンプ場に行く際のオススメ観光スポット

        ・原尻の滝

        緒方川にかかる瀑布で幅120m、高さ20m様子から別名「東洋のナイアガラ」と言われている。滝ができたのは今から約9万年前。横に長くのびる壮大な滝の景色に圧倒されるでしょう。

        ・金鱗湖

        温泉の湧く湖で岳本の池とも言われており、湯布院のシンボルとなっている。水温が高いため寒い季節には湖面から霧が立ち上る幻想的な光景を見ることができます。四季折々の季節を楽しむことができ、散策におすすめです。

        ・九重夢大吊橋

        鳴子川渓谷に架かる歩道専用として『日本一の高さ』を誇る吊橋。橋の上からは日本の滝百選に選ばれた震動の滝・雄滝や紅葉で有名な九酔渓の絶景、など壮大な景観を眺めることができます。

             

        キャンプ大好き!名無しさん

        キャンプ場の口コミ

        • 口コミ:件/票
        • 写真:件/票