なっぷとは
キャンプ場を口コミやランキング検索したり
予約ができるキャンプ場検索・予約サイトです。
新規会員登録はこちら

次回から表示しない
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら

北海道キャンプ場:352

北海道のキャンプ場は、広大な大地のもと南は函館から北は稚内までキャンプ場スポットが沢山あります。北海道のキャンプ場は、林間や公園、高原に構えるキャンプ場も多いですが、海沿いにあるキャンプ場も多いので、オホーツク湾などの壮大な景色を大自然の中で楽しむことができます。また北海道のキャンプ場は、オートキャンプサイトだけでなく、バンガローやコテージ・キャビンを持つキャンプ場が多いので、夏以外の少し寒い時期でも、しっかり防寒しながら楽しむことができるのが特徴です。立ち寄り温泉や、お風呂を構えているキャンプ場も多いですし、なんと露天風呂付きのコテージなどもありますので、北海道のキャンプ場ではリゾート気分も味わうことができます♪

日付からキャンプ場を探す

北海道のキャンプ場の口コミ

最新のクチコミ

higedance76

認証済み

道民の森月形地区学習キャンプ場

北海道樺戸郡月形町北郷

自然を満喫できるキャンプ場
4.33

  • 【投票数0票】

今までに行ったキャンプ場の中ではトップクラスの自然環境!携帯はauのみが繋がります。テントサイトとバンガローがありまして、テントサイト利用です。雨が続いており、小川は濁流に…サイトも場所によっては水浸しに… 一度各サイトを見てから、使用するサイトを決めさせて貰えました。天候が悪いにもかかわらず、2/3くらいは埋まってました。照明が最低限のものしかないので、天気が良ければ星空も楽しめるとおもわれます。また翌朝至る所にクワガタ虫がおり虫取りには最適です。残念だったのは、たまたまだと思いますが22時を過ぎても盛り上がっているグループが複数いたこと。とても静かな反面、しゃべり声が響きます。 札幌から、275号線を走って1時間ちょっと。買い出しは途中の当別で済ませるのが良いと思います。お風呂は札幌とは逆方向ですが月形温泉や当別のふくろふの湯がオススメです。 受付ではゴミの分別やルールなど丁寧に教えて頂きました。管理人は24時間常駐しているそうで、何かあった時には安心です。キャンプ用品のレンタルはある様ですが、売店はありません。ジュースの自動販売機のみあります。また陶芸館と木工管があり毎日ワークショップが開催されています。夏休みの工作などにいいかもしれないです。 自然がウリなので、最低限の設備です。トイレは水洗ですが和式のみです。管理棟にはシャワーと自動販売機がありますが売店はありません。炊事棟が2箇所、トイレは管理棟を含めて2箇所です。炊事棟には、炭焼きができるコンロがあります。また冒頭に書いたとおり、携帯はauしか繋がりません。 自然がいっぱいなので、灯のある炊事棟やトイレは虫が大量に寄って来ますが、キレイに清掃されていますし、早朝に清掃担当の方が虫の除去をしていました。トイレには、使用後は電気を消して下さいと大きく書かれていましたが、大半の方がつけっぱなしと、やはり利用者のマナーが気になるところです。 道民の森には複数のキャンプ場があります。道民の森としか書いていない看板や標識があるので、気をつけた方が良いです。オートキャンプが出来たり、ペットOKのところもあればNGのところもあるので、選ぶ時も慎重にどうぞ。温泉は車で約30分の距離に月形温泉、中小屋温泉、ふくろふの湯、たっぷの湯などがあります。一番近いのは月形温泉かと思います。月形温泉は泉質も良いですし、レストランもメニューが充実しているのでオススメです。 ...

    北海道のキャンプ場ご紹介

    北海道のキャンプ場は夏でも過ごしやすく、雄大な自然の中でキャンプやバーベキューを楽しむことができるのが特徴です。

     

    北海道のキャンプ場アクセス環境

    北海道のキャンプ場に行く場合に特に気を付けたいのは、やっぱり冬季期間の路面の凍結です。春先でも状況によってはまだまだ雪解けもされていない道路もあるので、キャンプ場に行く前に、しっかりと問い合わせて状況を聞くのがオススメです。北海道に行く際には、事前のキャンプ場へのヒアリングや、「北の道ナビ」というサイトもありますので、事前に交通情報を確認のうえ、キャンプ場に行かれることをオススメします。

    北海道のキャンプ場に行く際のオススメ観光情報

    北海道で一度は見てみたい、世界遺産の「知床」!実は知床では、様々な自然体験があったり、観光船で楽しむコースもあります。勿論、お食事も美味しいので、キャンプ場から早起きして楽しむのもアリかもしれません。また日本最北端の「宗谷岬」に行った際には、日本最北端の地の碑の前で写真を取ったり、正面にはサハリンの島影が浮かび上がるので、日本の最北端であることを実感できます。
    世界遺産・最北端だけでなくとも、北海道のキャンプ場周辺では、勿論海岸線をドライブして楽しむのも良いですし、様々なところに牧場や自然公園、競走馬だって見ることができるんです。別に林間のキャンプ場などでは、何もせずとも大自然のマイナスイオンを浴びながら、ゆっくりする。それもまた一つの観光の魅力かもしれません。

    北海道のキャンプ場に行く際のオススメ観光スポット

    ・洞爺湖

    支笏洞爺国立公園にある湖。北の大地をぐるっと見渡すことができる広い展望台「サイロ展望台」は洞爺湖の島々はもちろん、ニセコまでを見渡すことができます。ほかにも遊覧船やロープウェイからのパノラマビューなど見所満載です。

    ・釧路湿原国立公園

    日本国内最大の湿原である“釧路湿原”を中心とする国立公園。広大な園内には湿原内を歩ける木道が整備され、季節の花々や、野鳥などを間近で観察することができます。展望台からは双眼鏡を使ってタンチョウが見られることもあります。

    ・知床五湖

    自然豊かな世界自然遺産知床を象徴する景勝地。知床連山を背景に原生林の中にたたずむ5つの神秘的な湖です。多くの野生動物の生息地でもあり、遊歩道の散策は非常に人気があります。

         

    キャンプ大好き!名無しさん

    キャンプ場の口コミ

    • 口コミ:件/票
    • 写真:件/票