なっぷとは
キャンプ場を口コミやランキング検索したり
予約ができるキャンプ場検索・予約サイトです。
新規会員登録はこちら

次回から表示しない
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら

広島県キャンプ場:76

広島のキャンプ場は山間の森に囲まれたロケーションが多く、海岸近くでキャンプ場をお探しの方は、広島は大小あわせて140島くらいの島を有してますので、瀬戸内海に浮かぶ小島のキャンプ場がおすすめです。広島は山がちな地形が多く、内陸部には三次盆地や西条盆地などがあります。広島北部は春から黄砂が流入するので、注意が必要です。そして、広島内陸のキャンプ場は、特に盆地では夏は猛暑日になるので、家族連れの方は気を付けた方が良いようです。しかし、広島の芸北や備北といった地域の山間では天然記念物の帝釈峡や温泉などの自然の見どころや伝統的な神楽や鵜飼などの行事が見れるものが多数あるので幅広い層におすすめです。

日付からキャンプ場を探す

広島県のキャンプ場の口コミ

ピックアップクチコミ

SUGIYAMA

最新のクチコミ

eieio

もみのき森林公園オートキャンプ場

広島県廿日市市吉和1593-75

リピート必至 家族連れにベスト...
5.00

  • 【投票数0票】

昨年3回利用、本年は1回目の利用です。昨年はほぼ同じサイトを利用し気に入っていたので今回も同じ希望をお伝えしましたが、あいにく先約が入っていて、今回は違うサイトになりました。しかし、スタッフの方から薦めていただいた管理棟近くのサイトがとても良かったです。日中も木陰がいっぱいで暑さに苦しむことなく、WCやシャワーも近くにあり、家族連れには最高です。 ちなみに行った日は、広島市の日中気温34度に対し、キャンプ場では27度(日陰サイト内)。朝は21度でした。 中国道吉和IC降りて10分程度で着きます。時間あれば戸河内ICで乗るか降りるかして、道の駅や広い公園があるので家族連れは道中も楽しめます。 チェックイン時に昨年に利用したサイトや希望したサイトまで確認していただいたのにはびっくりしました。スタッフのプロ意識高さに脱帽です。 管理棟は休日は朝8時から夜20時までの営業ですが通常は8時から17時までのようです。 当日は前客がいなかったので1時間前に入らせてもらえました。 夜はサイト内で花火もしました(手持ち花火のみ)。 ゴミは出して帰ることができます。 サイト内に水道・シンクがあるのがとても便利です。トイレもきれい。管理棟近くのシャワー(1回100円)お湯問題なし。 サイトは十分に広いです。車の置き方を工夫し、テントを除く空間を広くすればサイト内で子どもたちがバドミントンやサッカーができました。 薪は管理棟で販売してます。よく燃えました。 トイレ、シャワーともきれいです。スタッフによって良く手入れをされているようです。サイトも前客のゴミが残っているようなことはありません。水道シンクには多少虫がいますがこれは当然でしょう。 サイトの地面はだいたい土です。ペグは普通に刺さり問題はありません。 小売店舗は町内には少なく、吉和IC近くに小規模の店がある程度ですので、事前にしっかりと買い出しが必要です。 キャンプ場に併設するアスレチック(わんぱくの森)は子どもが大好きなので来たら必ず利用しています。所要時間1時間位でしっかり運動になりますが、木立の中なので夏でも暑くて大変ということはありません。 公園内のフォレストアドベンチャーも利用したことがあります。これは大人がしんどい...。 夜は22時には皆さん消灯してものすごく静かになりました。まだ就寝準備ができていなかった我々は焦ってしまいました。 夜寝れないで、しばらくぼぉとしているとサイト前の谷にホタルが数匹飛んでいるいるのを発見。しばらくするとサイトまで入ってきました。感動! 家族連れキャンプの重視ポイントとして挙げられるのが、区画が広い、子どもの遊び場が充実、サイト内に水道があるなどでしょう。広島市から1時間程度で行けこれらの条件を満たすこちらキャンプ場はベストマッチと思います。...

    すーはー

    認証済み

    野呂山キャンプ場・オートキャンプ場

    広島県呉市川尻町板休5502-242

    こんどは晴れ予報の日に時間に余...
    3.83

    • 【投票数0票】

    オートサイトは、場所によって木が茂っているサイト、まだ木が若いサイトとあるので、場所によりけりです。 私が使用したときは(雨だったこともあり)何処が良いか伺ったところ、11・12番が木が茂っていると言われていました。 持ち込みテントサイト・常設サイトは林間サイトです。 郷原、安浦、川尻からの道があると思いますが、呉市内からだと郷原から行くのが一番だと思います。 買い物は、広大橋までにはすませておく方が良いと思います。(万惣、藤三、ゆめマート、コンビニなど) 母子キャンプで使用。 突破キャンプだったので、当日16時に予約を取り、急遽荷物をまとめて行きましたが、快く対応してくださいました。 金曜夜の使用状況は、 常設サイトが一組、 林間サイトが二組(グループ利用ぽかったです) と、うちでした。サイト選び放題でした。 朝の8時には事務所が開き、8:30頃にはサイトの見回りに回っておられ、手入れの届いたキャンプ場だと思います。 焚き火等で使用した炭は、回収バケツに入れておけばOK。事務所の前に自販機が一つあります。 シャワー3分100円 レンタル品や施設利用料等、施設の案内パンフレットには記載されていないのでネットか、現場で確認(事務所やトイレなどに貼ってある) チェックイン時に、45リットルゴミ袋をくださり、可燃ゴミのみ捨てていただけます。 缶ゴミは事務所の横に自分で捨てに行き、資源ゴミ、ペットボトル、ガス缶などは回収不可(持ち帰り)です。 スタッフさんは18時~8時までは不在です。 緊急時は野呂山ロッジへ。 山の上なので、上ってしまうと食料の調達はきびしいです。 国民宿舎の野呂山ロッジでお風呂、野呂山ビジターセンターでアイスや牡丹肉が購入できるみたいです ...

    • 広島県 野呂山キャンプ場・オートキャンプ場 の口コミ写真r16244

    クロノグラフ

    認証済み

    野呂山キャンプ場・オートキャンプ場

    広島県呉市川尻町板休5502-242

    夏場の避暑地としてはいいのです...
    4.00

    • 【投票数0票】

    今回で3回目の利用でしたが、山頂部ですので森の中のキャンプ場です。鶯や鳥たちの鳴き声、虫や風の音など自然を身近に感じることのできる場所で、日常からは解放されるのは間違いなしです。 標高800mの場所にあるので、麓と比べて気温が7~10℃近く下がります。 日没後から早朝にかけては今の季節かなり寒くなるので、しっかりとした寒さ対策が必要となります。 オートサイトは電源がありますが、常設テントはないので特に注意が必要でしょう。 呉からは1時間もかからない近場のキャンプ場で、知名度はかなり高いところです。 国道185号線から野呂山の入り口はしっかりとした案内表示がありますので迷うことは無いのですが、山頂ロータリー(一方通行ですので左に必ず曲がりましょう)と観光ビジターセンター横を入っていくのを間違えなければ大丈夫です。 山頂までの道はかなり曲がりくねっていますし、休日はバイクが登り降りしていますので、対向車には十分注意してください。 受付時の説明も今回もしっかりと丁寧で管理人さんの感じの良さが出ています。 しかし去年までは燃えるゴミ、ペットボトル、缶は引き取ってもらえていましたが、今年からペットボトルは持ち帰りとなっており、燃えるゴミも専用の透明な袋を渡されますので、それに入れて渡すようになっています。 入浴に関しては、車で数分の野呂山高原ロッジで入浴出来ますが、受付時間が前に比べて早く19:30分の終了20:00となっていたので、急ぎ足で晩御飯を済ませることとなってゆっくりすることはできませんでした。シャワーは22時まで使用できますが、寒いので入浴するほうがいいでしょう。 管理棟ではそこそこの物品販売やレンタルもありますが、薪に関してはちょっと太くて使い勝手が悪く500円にしてはちょっと高いと思いました。以前はもっと使いやすかったのですが・・・。 さすがに年数が経っており各部にくたびれ感が出ています。 トイレに関しては、管理棟から近い所が一番まともで、それでももう少し頑張って掃除をしてほしいかなという感じです。 オートサイトには固定された木製の椅子とテーブルのセットがあるので物を一時的に置くには便利ですが、サイトによって位置が違うので意外と使い勝手が悪いです。炉はサイトにはなく炊事場を使用することになります。 また、道を挟んだ反対側に水道がありますが、場所によってはステンレス台がなく料理の下準備や洗い物の置き場所に困るので、そこはきちんと整備してほしい所です。 今回は常設テントに友人が宿泊したので内部を見せてもらいましたが、定員5人にしては結構広いと感じました。ウットデッキ上にあるところは見晴らしがいいのと風の通りがよくて夏場は涼しそうです。 ただ常設テントには電源がないので、不便さは否めません・・・。 去年までとは比べて管理棟はかなり綺麗に整理されてインスタ映えするようになっていていました。 ただ、五右衛門風呂は閉鎖されて薪置き場のようになっており、一番下のトイレと炊事棟は使用できなくなっていて、いちばん下側のオートサイトを利用する人は凄く不便だと思いました。 炊事棟の掃除はしっかりされていましたが、建物自体はかなりくたびれています。 管理棟は18時には閉鎖されて人がいなくなりますが野呂山高原ロッジに常駐しているそうなので、困ったことがあれば連絡すれば対応してくれるようですが、やっぱり入り口ゲートに人がいないのはちょっと不安になると思います。実際、車が一台迷い込んできて「ここは無料で使えるのですか?」などと質問を受けて困りました。 ゲートが閉まっている(自分で手で持ち上げて開閉する)はずの上に、入り口には注意書きがあるはずなのに・・・。 野呂山スカイラインに入るとお店は全くないのですが、それまではYOUMEマートなどがあるので、そこではある程度食材などは入手できます。 また、朝には野呂山高原ロッジで焼き立てパンの販売がありますのが、それはとても美味しかったです。 以前にも書きましたが、近くに瀬戸内海を一望できる弘法寺があり、そこでは奇岩巡りというちょっとした冒険感覚が味わえますが、足元が滑りやすかったり滑落したらちょっと危険な場所もありますので、子供だけで行かせるのは絶対やめましょう。 星降る展望台もありますが、夜中は全く明かりがないので景色はいいのですが照明などの準備はしっかりとしていくようにして下さい。かなり怖いと思いますが・・・。 ここ3年で3回利用していますが、やはり設備が古くなっているのでくたびれ感は拭えません。 山頂部なこともあり、天候が変わりやすいこともあるので、急な雨などを考慮しておくのは大切でしょう。 とにかく夜は寒くなります。焚火(焚火台の使用必須、直火NG)で暖を取ったりなど夏場以外はしっかりとしましょう。 遊具などはありませんので、ファミキャンなら子供たちが遊べるものを事前に用意しておく必要もあります。 ただ、手ぶらでキャンププランや、野呂山高原ロッジで1泊キャンプで1泊などの宿泊プランがありますので、専用サイトで確認するといいでしょう。初心者向けのプランだと思いますよ~ ...

    • 広島県 野呂山キャンプ場・オートキャンプ場 の口コミ写真r16025
    • 広島県 野呂山キャンプ場・オートキャンプ場 の口コミ写真r16025
    • 広島県 野呂山キャンプ場・オートキャンプ場 の口コミ写真r16025
    • 広島県 野呂山キャンプ場・オートキャンプ場 の口コミ写真r16025
    • 広島県 野呂山キャンプ場・オートキャンプ場 の口コミ写真r16025
    • 広島県 野呂山キャンプ場・オートキャンプ場 の口コミ写真r16025
    • 広島県 野呂山キャンプ場・オートキャンプ場 の口コミ写真r16025

    広島のキャンプ場ご紹介

    瀬戸内海に面し、バーベキューの食材にも欠かせない海の幸をふんだんに味わえる広島。
    商業・工業と発展を遂げる広島ですが、豊かな自然を味わえる場所が多いのも特徴。

     

    広島のキャンプ場アクセス環境

    広島の瀬戸内海に浮かぶ小島の因島や生口島、大三島、大島などは西瀬戸自動車道やしまなみ海道で車でキャンプ場まで、行けることができます。そして、内陸には芸備線や福塩線が通っていてキャンプ場がその沿線沿いにあるようなところもあります。しかし、帝釈峡など観光地に行くとすると車の方が便利で、中国自動車道や山陽自動車道を活用しましょう。

    広島のキャンプ場に行く際のオススメ観光情報

    広島には安芸、備後、芸北、備北の四つの地域があります。それぞれに歴史、自然の魅力があります。安芸には宮島の厳島神社や原爆ドームの世界遺産があります。瀬戸内海の穏やかな海もきれいです。備後は散策に向いた地域です。昔ながらの地域、風景を見ることができます。芸北は三段峡や天然温泉をはじめ史跡が多数あります。神楽といった芸能を見ることもできます。広島の備北は天然記念物の帝釈峡などの雄大な自然を見れ、夏の風物詩でもある鵜飼を川で見物できます。それぞれ季節によって違った顔を見せるのでいつ訪れても新しい発見があります。広島市内など路面電車が走っているので、懐かしさを感じる高尾ができます。キャンプ場と併せて楽しむのであれば、歴史、自然と多様に楽しめる魅力があるのが広島です。

    広島のキャンプ場に行く際のオススメ観光スポット

    ・弥山

    宮島の中央にある弥山。古くから信仰の対象になっており空海が修行したと言われる「霊火堂」がある。登山コースとして3つのコースが用意されているがロープウェイもあるので体力のない方も安心して楽しめます。

    ・仙酔島

    日本で最初の国立公園に指定された仙酔島。パワースポットとしても知られ、太古の自然が今もそのまま手つかずで残っています。願いが叶うと言われる「龍神橋」があり、龍神様に気づかれないようそうっと渡ると願いが叶うと言われています。

    ・三段峡

    日本の渓谷において5つの特別名勝の1つに選定されている三段峡。全長13キロにおよぶ長大な峡谷ですが「五大壮観」といわれる黒淵、猿飛、二段滝、三段滝、三ツ滝をはじめ、見ごたえ十分です。

         

    キャンプ大好き!名無しさん

    キャンプ場の口コミ

    • 口コミ:件/票
    • 写真:件/票