本部・名護・国頭のキャンプ場 18

本部・名護・国頭のキャンプ場をご紹介!

本部・名護・国頭のおすすめキャンプ場ランキング

本部・名護・国頭のキャンプ場ご紹介

本部・名護・国頭のキャンプ場周辺には、たくさん観光スポットやレジャースポットがあります。なかでもたくさんの観光客が訪れる沖縄美ら海水族館は、ジンベエザメやナンヨウマンタなどの大きな魚が泳ぐ大水槽があります。ジンベエザメは飼育困難と言われている魚ですが、現在3尾のジンベエザメが飼育されています。海からくみ上げた海水を使っている自然に近い環境で飼育されている魚は生き生きと水槽の中を泳いでいます。古宇利島は沖縄版「アダムとイヴ」のような伝説があり、「恋の島」とも言われています。2005年に屋我地島との間に宇利大橋が開通ました。橋を車で走り抜ける爽快感が素晴らしいと多くの人が訪れています。本部町のエメラルドビーチはその名の通りエメラルド色に近い色の海が特徴で広いビーチです。また、JALプライベートリゾートオクマはマリンスポーツやリラクゼーション、ウエディングもできる大型のプライベートリゾートです。レストランやお土産など、何でもそろっています。キャンプの帰り道、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
本部・名護・国頭に行く際のオススメ観光スポット

本部・名護・国頭のキャンプ場周辺には、たくさん観光スポットやレジャースポットがあります。なかでもたくさんの観光客が訪れる沖縄美ら海水族館は、ジンベエザメやナンヨウマンタなどの大きな魚が泳ぐ大水槽があります。ジンベエザメは飼育困難と言われている魚ですが、現在3尾のジンベエザメが飼育されています。海からくみ上げた海水を使っている自然に近い環境で飼育されている魚は生き生きと水槽の中を泳いでいます。古宇利島は沖縄版「アダムとイヴ」のような伝説があり、「恋の島」とも言われています。2005年に屋我地島との間に宇利大橋が開通ました。橋を車で走り抜ける爽快感が素晴らしいと多くの人が訪れています。本部町のエメラルドビーチはその名の通りエメラルド色に近い色の海が特徴で広いビーチです。また、JALプライベートリゾートオクマはマリンスポーツやリラクゼーション、ウエディングもできる大型のプライベートリゾートです。レストランやお土産など、何でもそろっています。キャンプの帰り道、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。