なっぷとは
キャンプ場を口コミやランキング検索したり
予約ができるキャンプ場検索・予約サイトです。
新規会員登録はこちら

次回から表示しない
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら

新潟県キャンプ場:91

新潟のキャンプ場は、越後山脈を形成する山々の山間部、日本海に面している海岸沿いに多く分布しています。山、海どちらのキャンプ場も楽しめますので、多くのキャンパーのニーズに応えられるでしょう。また佐渡島にも多数のキャンプ場があり、なかなか味わえない島キャンプを楽しんでいただけると思います♪海岸沿いのキャンプ場では日本海に沈む綺麗な夕日をお楽しみいただけます。夕日を見ながらバーベキューなんていうのもいいですね!新潟のキャンプ場には、コテージやバンガローといった宿泊施設が整備されたキャンプ場が多くあります。こちらは通年営業しているところもあり、冬季にはスキーやスノーボードなどウィンタースポーツをされる方にオススメです。

日付からキャンプ場を探す

新潟県のキャンプ場の口コミ

最新のクチコミ

camper2

人里に降りるまで車で10分ほど。棚田を通りすぎ、森の奥へと入っていきます。静かで夜は真っ暗。道路に蛙が跳び跳ねていたり、リス?やネズミらしきものも見かけました。晴れていれば星がきれいに見えそう。 ICから50分ほどかかり、スーパーも近くで見つけられませんでしたので、予め食材は確保しておいた方がよさそうです。コンビニは、デイリーヤマザキが松之山温泉の交差点にありました。 受付の方はとても感じがよかったです。薪が大きすぎるので、もう少し小さめのものを用意してくれたらな、と思いました。 炊事棟やトイレはとても綺麗でした。炊事棟に電源があり、充電可能でした。 お風呂は鷹の湯割引券がもらえ、大人400円、子供100円です。管理棟の隣の宿泊棟のお風呂も300円では入れるそうです。 炊事棟やトイレは新しいので、綺麗でした。ただ、芝サイトの入り口の轍を補修してほしいと思いました。少し危険です。 施設から30分ほどの所に温泉施設がありました。綺麗ではありますが、駐車スペースのわりにお風呂が小さく、洗い場に行列ができていました。これなら、古さはありますが、鷹の湯の方が断然いいと思いました。 三連休だったからか、音楽をかけ、大合唱したり、夜まで大騒ぎしているグループがいて、寝られませんでした。マナーを守ってほしいものです。とても残念でした。...

    新潟のキャンプ場ご紹介

    日本海に広く面し、越後山脈などの山間では冬季にはスキーも盛んな新潟。
    特に夕日の美しい日本海は海水浴や海釣りなどのマリンレジャーを楽しむのにも最適で、海岸沿いのキャンプ場も多く存在します。バーベキューでは新鮮な海の幸を焼いて美味しくいただけるのも醍醐味!

     

    新潟のキャンプ場アクセス環境

    新潟のキャンプ場へ車で向かう際は北陸自動車道及び磐越自動車道をご利用ください。佐渡島へは、佐渡汽船カーフェリー、高速船あいぴすをご利用ください。料金や出航時間に関しましては確認することをオススメします。また、新潟は、冬に雪の影響により一時閉鎖する道路などがでてきますので、道路状況を確認の上お使いください。

    新潟のキャンプ場に行く際のオススメ観光情報

    新潟でキャンプ場に行く際、一緒に楽しみたいのはアウトドアレジャーです。冬になると、スキーやスノーボードが盛んな新潟ですが、湯沢町の『GALA 湯沢スキー場』では夏でもスキーを楽しむことができます。サマースキーを体験できるなんて素敵ですよね。緩急のある信濃川では、渓流下りをスポーツとして楽しむラフティング体験ツアーが実施されています。スリルを味わいたいという方にはオススメです。対馬海流が流れ暖流と寒流が交わり、水生生物の宝庫ともいえる佐渡の海ではダイビングが楽しめます。『佐渡ダイビングセンター』の体験ダイビングはマンツーマンで教えていただけるので初心者の方も挑戦しやすいでしょう。自分にあったレジャー活動を新潟で発見できるかもしれないですね。

    新潟のキャンプ場に行く際のオススメ観光スポット

    ・妙高高原(いもり池)

    約20万平方mもの広大な湿原地帯にある小さな池です。天気の良い日には標高2454mの妙高山を水面にくっきり映し出します。湿性植物の群生が楽しめる遊歩道での散策がおすすめ

    ・笹川海水浴場

    国指定の名勝天然記念物になっている新潟県立自然公園 笹川流れ。細かな砂の浜が売りで、近くに岩場もあり、海水浴と釣りの両方を楽しむことができます。ここから粟島沖に落ちる夕日は絶景です。

    ・苗名滝

    柱状節理の玄武岩壁から水しぶきを上げて落ち込むさまは迫力満点で、日本の滝百選の1つに選ばれました。新潟県と長野県の境にある滝で、近づくにつれ地響きがし、まるで地震が来ているような感じがすることから別名「地震滝」と呼ばれています。そのほか苗江滝、南井滝、とも表記されています。落差55m。

         

    キャンプ大好き!名無しさん

    キャンプ場の口コミ

    • 口コミ:件/票
    • 写真:件/票