なっぷとは
キャンプ場を口コミやランキング検索したり
予約ができるキャンプ場検索・予約サイトです。
新規会員登録はこちら

次回から表示しない
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら

新潟県キャンプ場:90

新潟のキャンプ場は、越後山脈を形成する山々の山間部、日本海に面している海岸沿いに多く分布しています。山、海どちらのキャンプ場も楽しめますので、多くのキャンパーのニーズに応えられるでしょう。また佐渡島にも多数のキャンプ場があり、なかなか味わえない島キャンプを楽しんでいただけると思います♪海岸沿いのキャンプ場では日本海に沈む綺麗な夕日をお楽しみいただけます。夕日を見ながらバーベキューなんていうのもいいですね!新潟のキャンプ場には、コテージやバンガローといった宿泊施設が整備されたキャンプ場が多くあります。こちらは通年営業しているところもあり、冬季にはスキーやスノーボードなどウィンタースポーツをされる方にオススメです。

日付からキャンプ場を探す

新潟のマップから探す

新潟県のキャンプ場の口コミ

最新のクチコミ

もずらいと

舞子高原オートキャンプ場

新潟県南魚沼市舞子2056-108

冬はゲレンデだから景色は最高!
4.83

  • 【投票数0票】

冬はスキー場ということで、とても景色がいいサイトでした。区画によっては木がないのでタープ等で日陰を確保するといいと思います。バイクでないとすれ違い困難な動線です。車の利用はお勧めしません。入浴はホテルの浴場を借りられます。500円です。(バスタオル別途)夜は大変静かで、夜景と星空が楽しめます。花火ができるスペースもあるので、ファミリーも楽しめます。焚き火に関しては枝は落ちていません。ホテルの売店で薪を購入か持参がいいと思います。 高速道路を利用の方は塩沢石打インターを降りて直進です。スキーのオフシーズンですので途中のおみやげ屋等は営業していません。予め17号線沿いのスーパーなどで食材を調達すると良いでしょう。 ホテルが受付ですのでスタッフの対応はとても親切丁寧です。売店にはガス、炭、薪などが販売されています。そのほかキャンプ用品、地酒、エチゴビールにワインまで、お土産もこちらでお買い求めできます。少しチェクアウトが遅れてしまいましたが、温かく見送っていただきました。 水場は屋内にあり、シンクは清潔な印象を受けました。洗剤やスポンジはありませんので必ず持参しましょう。お手洗いも同じ建物にあり、こちらは広く使いやすかったです。すぐ隣のサイト以外は若干歩きますが、さほど苦にはなりません。ゴミ集積場もこちらです。チェックインの際にゴミ袋が1つもらえますが、いくつか透明な袋を用意しておきましょう。お風呂に関してはアルコールが入る前に済ませないと徒歩では厳しい距離です。ホテルの浴場を借りられます。ジャグジーまであるので、旅の疲れも癒されます。 私は木が生えているサイトを利用しましたが、落ちている枝はなく、芝も刈り込まれておりテントの設営が楽でした。共用施設の清掃も毎日行われているのでしょう、清潔に保たれています。 スキー場ですのでオフシーズンは周辺のお店は閉まっています。買い出しができる場所は予め確認しておくとスムーズです。業務スーパーが比較的近くにあります。こちらで購入したもち豚の味噌漬けは大変美味しかったのでお勧めです。米どころ新潟の最上のお米を生産している魚沼地域ですので、ぜひ日本酒を飲まれてはいかがでしょうか?ホテルの売店でもお買い求めいただけます。 ...

  • 新潟県 舞子高原オートキャンプ場 の口コミ写真r15631

ウッチャリ

認証済み

五頭山麓いこいの森

新潟県阿賀野市畑江24

オートキャンプでは味わえない醍...
4.83

  • 【投票数0票】

サイトは森の中を一部切り開いたような場所から、ある程度開けた場所もあります。周辺は木々に囲まれているので、ある程度の風雨は防げるし日差しもそこまで気になりません。実際に少し強い雨に降られましたが問題なく焚き火出来ました。地面は腐葉土まじりで場所によってはペグが抜けやすいです。 また、場所によってはサイトの真ん中に木が立っているので、大きいテントは設営に苦労するかもしれません。 郡山から片道2時間で、高速を降りてからもほぼ一本道で五頭山行きの看板もあるので迷わず行けます。周辺にスーパーは見つけられなかったものの、山に入る道にコンビニがあるのでお酒などは買い足せるかと。食材は注文も出来るので事前に予約しておけば買っていかなくても大丈夫。 予定の時間より遅れて行きましたが、大変丁寧かつ親切な対応をしていただきました。労いの言葉を頂き、サイト内の説明、周辺の施設や注意事項、ゴミの持ちかえりや管理人の居ないときの電話番号まで細かく教えてくれました。サイトは自分で歩いて決めますが、決めかねて30分程度悩んでから戻ると、管理人さんが心配して探しに来てくれるところでした。とても親切で気持ちのよい対応をしてくださいます。 サイトへは車で荷物を置きに行ける上、台車もあるので入り込んだ場所でも苦労しません。 トイレは場内に数ヶ所ありどこに入ってもそう遠くなく、駐車場のトイレはバリアフリー仕様になっており誰でも使いやすい印象。炊事場にはたわしや洗剤から三角ネットまで常備され、併設された釜戸が4つ。サイト内にも小さな釜戸があるので焚き火台を忘れてもなんとかなりそう。ピザ釜も真新しく、川沿いには急な増水や危険に備えて鐘が備えられていた。浴場は森の中を歩いて15分程度の共同浴場へ行くしかないので、ライトを持参したほうがいいかと。 トイレは綺麗で清掃がなされており、炊事場も綺麗に清掃され併設された釜戸には炭1つ落ちていなかった。受付の建物は古いがきちんと清掃されており、手作りの看板や放し飼いの烏骨鶏がいてとても雰囲気がいい。サイト内は適度に整備されており、枝や落ち葉はあるが雑草などはきちんと刈られていた。あえて残しているようで、森の雰囲気を味わえる。 共同浴場も新しい建物でとても綺麗だった。 場内のすぐそばが山道になっており気軽にハイキングや散策が出来そう。共同浴場へは森の中を徒歩15分、途中にベンチが設置してあり森林浴を兼ねて行けるが、水浸しの箇所があるのと、浴場には備え付けがないのでその準備は必要。山に入る途中にコンビニがあるので多少は買い足す事ができる。また、車で少し行けば有名な月岡温泉にも日帰り入浴が出来ます。 繁忙期は10時チェックアウトですが、管理人さんに相談すると場合によっては時間を遅らせて頂けます。撤収が予定より長引いた時など、まずは管理人さんに相談するといいかもしれません。 今回小川のヴェレーロで行きましたが、サイト中央に木があり設営に苦労しました。大きいテントをお持ちの方は、早めにチェックインして開けたサイトを確保することをおすすめします。...

    higeyutaka

    認証済み

    キューピットバレイキャンプ場

    新潟県上越市安塚区須川4820

    天候が安定する季節にリベンジし...
    4.00

    • 【投票数0票】

    5月連休後半の利用です。スキー場内のログハウス奥、 高台に開けた草地をフリーサイトとして解放していますので、とても開放的なサイトになっています。 すぐ後ろには棚田のなごりもあり、夜はきれいな星空とカエルの大合唱でした。 温泉の帰りの道端を狸が歩いていましたし、鹿(痕跡のみw)もいるようなので 食べ物の残りなどはしっかりと管理するよう説明もありました。 関越道塩沢石内ICから60km、ナビの通りだとかなりの山の中を抜けました。 帰りはR253周りで六日町へ出ましたが、遠くてもこちらの方が街中を通るので気持ちは楽かもです。 キャンプ場(スキー場)までの山道、といっても集落を抜けていくような道路なので 道幅も充分で特に気をつけるようなところはありません。 ログハウス宿泊者のBBQセットプランの対応があるためと思いますが、 テントサイトの管理棟には、専属のスタッフが夕方まで常駐してくれます。 テント泊者にも丁寧に対応してくださり、薪や炭もありました。 ゴミも分別して無料で処分してもらえますので安心です。 利用時は翌日にかけて天候が荒れることが予報されており、風雨が強まって不安な場合には ホテル一階のスペースに退避できるように開放してありますと言って頂け、とても安心できました。 (なんとか避難せずに済みましたが) サイトには炊事棟があり(TOPの写真)、水道4つだけでなく給湯器も1つあってお湯が使えたのが良かったです。 食器洗剤、手洗い石鹸、スポンジもありました。 ゴミ入れは蓋付きのスチール製で、こまめに中身をさらっていただけてあふれてしまうようなこともなく 気持ちよく使うことができました。 炊事棟。こまめに掃除されていてきれいでした。 ゴミ捨て。蓋つきでしっかり分別され、散乱するようなことはありません。 トイレ。管理棟の2階にあり、和式でしたがキレイに使えました。 洋式トイレは、ホテルと温泉にありますのでそちらを利用しましょう。 滞在中に、不満に思うようなことは一切ありませんでした。 キャンプ場近くには道の駅しかありませんので、ふもとのR253沿い浦川原付近にある 7-11、コメリ、スーパーのNARUS(ナルス)浦川原店などで買出しを済ませてから向かいましょう。 直江津方面へ小一時間ほど足を伸ばせば、新鮮な魚の幸がお安く買える「魚勢」などがありますよ。 受付をするホテルの道を挟んで、雪だるま温泉があります。 テントサイトからだとちょっと距離があること、帰りは上り坂、道も暗いので 車で移動したほうが無難です。チェックイン時に、利用券を割引で購入できました。 手ぬぐいサイズのタオル200円があったので、そちらを買いましたが テント泊者はバスタオルが無料で借りられたようですね。 温泉には露天風呂もあり眺めも良くいい感じです。 内湯は熱め、露天はぬるめで、男湯女湯は日替わりで入れ替わるようです。 ドライヤー複数あり。休憩所にお茶サービスあり。食事もできるようになっていました。 日陰がないからとヘキサタープを張りましたが、山側からの吹き降ろしの風が強いので テント+タープよりも2ルームテントの方が安心かもしれません。 サイトは全12張り分で、各サイト10m×10m程度を目安にとのことでしたので大型幕も不安なく張れると思います。 サイトには車の乗り入れができず、入り口での横付けで荷下ろしが必要です。 荷物が多い場合、キャリーワゴンなどが無いと何往復もするのはちょっとつらいかも。 夏場のゲレンデ利用のウォータースライダーは、開放的できっと楽しいでしょうね。...

      新潟のキャンプ場ご紹介

      日本海に広く面し、越後山脈などの山間では冬季にはスキーも盛んな新潟。
      特に夕日の美しい日本海は海水浴や海釣りなどのマリンレジャーを楽しむのにも最適で、海岸沿いのキャンプ場も多く存在します。バーベキューでは新鮮な海の幸を焼いて美味しくいただけるのも醍醐味!

       

      新潟のキャンプ場アクセス環境

      新潟のキャンプ場へ車で向かう際は北陸自動車道及び磐越自動車道をご利用ください。佐渡島へは、佐渡汽船カーフェリー、高速船あいぴすをご利用ください。料金や出航時間に関しましては確認することをオススメします。また、新潟は、冬に雪の影響により一時閉鎖する道路などがでてきますので、道路状況を確認の上お使いください。

      新潟のキャンプ場に行く際のオススメ観光情報

      新潟でキャンプ場に行く際、一緒に楽しみたいのはアウトドアレジャーです。冬になると、スキーやスノーボードが盛んな新潟ですが、湯沢町の『GALA 湯沢スキー場』では夏でもスキーを楽しむことができます。サマースキーを体験できるなんて素敵ですよね。緩急のある信濃川では、渓流下りをスポーツとして楽しむラフティング体験ツアーが実施されています。スリルを味わいたいという方にはオススメです。対馬海流が流れ暖流と寒流が交わり、水生生物の宝庫ともいえる佐渡の海ではダイビングが楽しめます。『佐渡ダイビングセンター』の体験ダイビングはマンツーマンで教えていただけるので初心者の方も挑戦しやすいでしょう。自分にあったレジャー活動を新潟で発見できるかもしれないですね。

      新潟のキャンプ場に行く際のオススメ観光スポット

      ・妙高高原(いもり池)

      約20万平方mもの広大な湿原地帯にある小さな池です。天気の良い日には標高2454mの妙高山を水面にくっきり映し出します。湿性植物の群生が楽しめる遊歩道での散策がおすすめ

      ・笹川海水浴場

      国指定の名勝天然記念物になっている新潟県立自然公園 笹川流れ。細かな砂の浜が売りで、近くに岩場もあり、海水浴と釣りの両方を楽しむことができます。ここから粟島沖に落ちる夕日は絶景です。

      ・苗名滝

      柱状節理の玄武岩壁から水しぶきを上げて落ち込むさまは迫力満点で、日本の滝百選の1つに選ばれました。新潟県と長野県の境にある滝で、近づくにつれ地響きがし、まるで地震が来ているような感じがすることから別名「地震滝」と呼ばれています。そのほか苗江滝、南井滝、とも表記されています。落差55m。

           

      キャンプ大好き!名無しさん

      キャンプ場の口コミ

      • 口コミ:件/票
      • 写真:件/票