なっぷとは
キャンプ場を口コミやランキング検索したり
予約ができるキャンプ場検索・予約サイトです。
新規会員登録はこちら

次回から表示しない
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら
  • 3,706 キャンプ場

トレーラーハウスのある施設:137

トレーラーハウスは、キャンピングカーの一種で、車で牽引できる移動式の家です。

トレーラーハウスのある施設

トレーラーハウスとは、キャンピングカーの一種で、車で牽引されることを目的として造られた、移動式の家(小屋)です。電気や水道などのライフラインを、移動先の設備にドッキングする機能がついています。家の中にはキッチンや水道設備、ベッドなどを備えていて快適に過ごすことができます。キャンプ場の敷地内に常設されているトレーラーハウスもあります。

日付からキャンプ場を探す

トレーラーハウスのある施設の口コミ

最新のクチコミ

angela

認証済み

サイト自体は芝&土、駐車スペースと通路は舗装されているので、野性的な雰囲気は無くしっかり手入れされている印象ですが、その中でもオートサイトから少し歩くと雄大な日本海が見られる眺望スポットもあり、散策路(歩きやすく整理されています)の周りは森になっていたりと、自然と整った環境のバランスがいいです。 日本海沿いの国道160号にある道の駅「いおり」の横にある坂を登った先(看板あり)なので、初めての能登でしたが全く迷わずたどり着けました!観光しつつキャンプ場まで迎えるのも、旅行キャンプの拠点としてポイント高かったです。 また、スーパーは、車で20分くらいのところに地元スーパー「どんたく ナッピイ店」があるので、食材や手ごろなお土産は十分仕入れられます。また、酒飲みには助かる「やまや」もナッピイモールに入っているので、買い出しがまとめてできてとても便利でした。 受付は夫が手続きしたので具体的な印象は不明ですが、サイトは自由に選べました。また、スタッフさんは見回りや、日中の清掃をとても真面目に実施されている印象でした。こちらのキャンプ場はコテージ利用の方も多いので、管理棟で炭などの販売もありました。子供には(私にも)うれしい、サーティワンアイスの販売もありました! 炊事場は流しの数も十分あり、1か所だけお湯が出たので晩秋キャンプにはとてもありがたかったです。お手洗いは洋式で清潔感がありました。シャワーは今回使用しなかったのですが、ちらっと見た感じでは少し古く、あまり使われていない雰囲気が見て取れたので、他の設備の良さからすると、少し力を入れていないポイントなのかな、と思いました。また、お風呂はありませんでしたが、近くの和倉温泉や能登島のほうの日帰り温泉があるので、そっちで観光がてらゆっくりお湯につかるのも楽しかったです。 犬連れキャンプなので、海を眺められるドッグランがとても心地よく、犬だけでなく人も満喫できました。 キャンプ場全体がしっかり掃除されていて、とても快適に過ごすことができました。夜中に大雨が降ったのですが、翌日に芝生のサイトの水たまりを手当するスタッフさんもいらっしゃって、とてもありがたかったです。 キャンプ場からも日本海の絶景が楽しめますが、キャンプ場からドライブできる範囲に有名な観光地がいくつもあり、観光拠点に持ってこいの立地です。 今回2泊キャンプで、初日は名古屋から富山経由でキャンプ場に向かったのですが、道中に「海王丸」、「雨晴海岸」、「ひみ番屋街」などを観光していきました。2日目は七尾市から能登半島、能登島をドライブ。3日目は能登半島を反対側に抜け、石川県羽咋市の千里浜なぎさドライブウェイ、金沢市街を回って帰路につくという、がっつり観光満喫コース、まだまだ見たりない景色もあるので、またぜひ行きたいです。 ちなみに、観光地のお魚市場でも地元の魚介類を比較的安く買えますが、地元スーパーでも地魚、地酒、地元のお菓子がばっちりお手頃に購入できて、庶民にはありがたかったです(笑) 海沿いなのである程度の強風を覚悟していたのですが、適度に風よけになる木が植えられているので、タープが飛んでいくなどの愉快な思い出(笑)を作らずに済みました。 キャンプ場の居心地の良さや観光しやすい立地、そして近場で手に入る能登の美味しい食材に魅せられたので、ぜひまたのんびりグルメ&観光キャンプを堪能しに行きたいキャンプ場です!...

    Mac.

    星の降る森

    群馬県沼田市上発知町2543

    寒い雪の季節に行きたい
    4.00

    • 【投票数0票】

    山を切り開いたようなキャンプ場です。風の音が聞こえてもあまり風が吹かず、助かりました。 満天の星空はきれいでした。 自然の中なので、仕方ないことですが、 池が場内に数カ所あり、春夏はブヨとアブなどに注意が必要です。この時期でも朝ブヨが大量発生し、家族は被害に。虫除け必須です。 ICからも近く、看板も何箇所かありました。 埼玉から2時間で迷うことなく行けます。 春は道沿いに桜が咲くので、道中も楽しめると思います。 少し、道はそれますが、 近くのベイシアで食料、カインズで炭を調達できます。 道の駅田園プラザKAWABATAの遊具で遊んで、 ファーマーズマーケットで地酒や旬な野菜も調達できます。 受付では初めてということもあり、丁寧に説明していただけました。 サイトまで誘導してもらえ、おすすめのサイトの場所(日のあたり方や雨の流れ方など)を親切に教えていただきました。 ただ、ゴミの回収で、有料のゴミ袋(3種類セット割引あり)を買い、分別できてない場合は持ち帰らせる旨があり、出す時は係の人をインターフォン(不在時)で呼んで、チェックを受けるようでした。 ゴミの分別は細かく、わかりずらかったので、封を開けたまま持っていき、迷ったものは聞きながら分別しました。基本、空きビンの回収はやっておらず、持ち帰りですが、川場ビールの空きビンだけは回収してくれました。(無料で)なので、ちょっと気をつかいました。 もちろん分別は大事ですが、ゴミ箱へ廃棄でもいい気がします。 この時期だからか、売店の品揃えは良くなかったです。 事前調達か、近くのスーパーに行くことになると思います。 洗い場でお湯が出て欲しい。 サイトから近いメインのトイレを洋式にした方が便利。売店のトイレは綺麗だけど、ちょっとした急な坂を登るのが辛かった。 近くで林業をされているのか、 重機の音がしていて、少し残念。 サイトにナンバーがふられていて、フリーなのかフリーじゃないのか、あいまい。 傾斜があるので、平地を探す方が難しいかも。 トイレや流し台もきれいに清掃されていると思います。 見回りをしていて、わざわざ、凍結回避のため、コインシャワーを利用時間変更を教えに来てくれました。 近くに日帰り温泉が数カ所あり、お風呂には困りません。川場温泉にある、かやぶき屋根の悠湯里庵にいきました。ちょうど桜も満開で、お風呂もよかったです。 ...

      トレーラーハウスとは

      トレーラーハウスの由来

      トレーラーハウスはアメリカを発祥とし、日本に紹介されました。日本での歴史はまだ浅いため、トレーラーハウスに合った法律が制定されていませんが、東日本大震災の際には、仮設住宅・仮設診療所・仮設店舗として活用され注目を浴びています。日本では一般社団法人日本トレーラーハウス協会などの団体がトレーラーハウスの普及に努めています。

      トレーラーハウスはこんな人にオススメ

      トレーラーハウスは水道や電気などのインフラを簡単に引くことができるので、「少し狭い」ということを除けば普通の住居環境となんら変わりはありません。むしろ「狭さ」を利用し空間の使い方に工夫が凝らされているので、宿ホテルでもない、キャンプでもない、かと言って家でもないという絶妙な居心地を楽しめます。また、内装にこだわったトレーラーハウスも多いので、おしゃれに過ごしたい方には最適と言えるかもしれません。

      トレーラーハウスの選び方

      トレーラーハウスにはトラベルトレーラー、フィフストレーラー、パークトレーラーと3種類あり、トラベルとフィフスがキャンプや旅行などのレジャー用、パークが住居用として使用されています。用途の違いと同じく、トラベルとフィフスは列車や客船の客室のような内装、パークは通常住居と同じような内装になっていることが多いので、好みによって選ぶことができます。

      キャンプ大好き!名無しさん

      キャンプ場の口コミ

      • 口コミ:件/票
      • 写真:件/票