東古屋湖の水位について20230701更新

登録日: 2023/05/01

東古屋湖は正式名称が西荒川ダムというダム湖です。
その特性から農業用水や降雨への備えとして季節により水位が変化します。

4月中旬から10月中旬まで水位が下がり続けキャンプ場前は湖から川へと変化していきます。そして、10月中旬から水位を上げはじめ、翌4月中旬からサウラの咲く頃までが満水状態になります。

1年を通していろいろな顔を見せてくれる東古屋湖を季節の移り変わりとともにお楽しみください。

写真①2023年4月1日 ほぼ満水の状態です。
写真②2023年5月1日 満水時からおよそ5〜10m程度水が引いた状態です。
写真③2023年6月1日 雨季と台風に備えて水位が下がりかなり地面が出てきました。
写真④2023年7月1日 ついに川になりました💦おそらく台風シーズンが過ぎる頃までこのような状態が続きます。その代わり今まで湖底だったところが青々と草が茂り草原のようになってきています😊

※毎月1度水位の状態をこちらでお知らせいたします。
※7月以降の水位はこちらからご確認ください。
https://www.nap-camp.com/tochigi/12504/topics_dtl?campsite_topics_id=7681