なっぷとは
キャンプ場を口コミやランキング検索したり
予約ができるキャンプ場検索・予約サイトです。
新規会員登録はこちら

次回から表示しない
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら

宮崎県キャンプ場:56

宮崎のキャンプ場は、南北に広がる広大なエリアに、たくさんのキャンプ場があり、豊かな自然の中でキャンプを楽しめます。宮崎は、東部に太平洋に面した長い海岸線が広がっていて、太平洋をバックにキャンプを楽しめるのが魅力です。海岸線に沈む夕日は格別で、夕日を眺めながらのんびり過ごすのもおすすめです。また、バンガローやコテージなどの宿泊施設も充実しています。そっして、宮崎のキャンプでは、海を眺めながらコテージに宿泊し、南国のリゾート気分を味わうことができるのが最高です。また、太平洋側に位置する宮崎は、夏は猛暑となりますので、林間のキャンプ場は夏の避暑地としても最適です。

日付からキャンプ場を探す

宮崎県のキャンプ場の口コミ

最新のクチコミ

TamaYumoto

潮の杜キャンプ場

宮崎県日南市富士4028-4

穴場です。たっぷり楽しめました...
4.50

  • 【投票数0票】

望遠鏡を持ち込んで月見をするために泊まりました。初オートキャンプです。西側は林、東側は海で空が開けています。国道220号線をはさんだ向こう側は海で波の音が聞こえる近さ。キャップサイトは道路から少し入ったところなので車の音や光は気になりませんでした。 220号線を南側から走って行くと、道沿いに小学校の建物が見えたので迷わず着きました。北側からはどうかわかりませんが、入り口に看板があるのでお見逃しなく。データが古いナビは潮小学校(うしおしょうがっこう)で入力するとよいかもしれません。 チェックインの予定時間を少しすぎて到着。受付に人がいなかったので帰っちゃったのかなと思いましたが、「受付に人がいなければグラウンドの好きな所に入っててください」とのショートメールがありました。その後受付の方が来て、忘れてきた蚊取り線香を売ってもらったのがありがたかったです。 トイレは元プールサイドと校舎内の2ヶ所、校舎内にコインシャワーが2ブースあります。私は教室を改造したタイ料理レストラン「ギン・カーオ」があることが選択の決め手になりました。パンフレットによると営業時間は昼11:00-15:00、夜18:00-22:00と、結構夜遅くまでやっているのがありがたいです。メニューはかなり本格的でした。キャンプサイトにも持って来てくれるので、BBQのサイドメニューにも便利。パッタイ(平麺のタイ風焼きそば)など、あまり辛くないメニューもありました。 キャンプサイトは気持ちの良い芝生で、テント内はマットなしの寝袋だけでも安眠できました。トイレ、炊事場も清潔でした。体育館は今も使われていて、私が行った夜は子供達がエイサーの練習をしていました。かっこいい! 洞窟の中の鵜戸神宮、モアイ像があるサンメッセ日南などが車で10分から20分のところにあり、観光に便利でした。南側は16キロぐらい離れたセブンイレブン日南風田店が最寄りのコンビニです。220号線を南側から行く方はここで買い忘れたものの補充を。 私が到着した時間には閉まっていましたが、パンフレットによるとカヌー・シーカヤック工房(8:00-16:00)、宮崎ネイチャーガイド(9:00-17:00)、和精油の蒸留(10:00-16:00)があるようです。常設のトレーラーハウスが定員4名で8000円とのことなので、4人で行けばテントなしでも一人2000円とお得感あり。道の駅で何度か車中泊をしたことがありますが、オートキャンプ場はテントでのんびり寝られて快適でした。...

  • 宮崎県 潮の杜キャンプ場 の口コミ写真r21460
  • 宮崎県 潮の杜キャンプ場 の口コミ写真r21460
  • 宮崎県 潮の杜キャンプ場 の口コミ写真r21460

宮崎のキャンプ場ご紹介

九州屈指の観光スポットも多く持つ宮崎のキャンプ場。
温暖な気候を味方に年間を通してキャンプ場が営業実施中の施設が多く、オートキャンプからコテージ・キャビンなどとても快適に宿泊できるのが魅力です。

 

宮崎のキャンプ場アクセス環境

宮崎には、県内の主要都市を中心に、全域に高速バスが通っています。南北に広がる広大なですが、高速バスを利用すれば、アクセスが簡単です。公共交通機関や、九州自動車道を利用すれば、他からのアクセスもし易くなっています。ただ、夏場の台風シーズンは、交通機関に乱れが生じますので、事前に交通情報をご確認ください。

宮崎のキャンプ場に行く際のオススメ観光情報

宮崎には、豊かな自然をそのまま生かした観光スポットがたくさんあります。特におすすめ観光コースは、伝統的な町並みが残る美々津をはじめ、歌人の若山牧水が生まれた地である、「日向」巡りです。また、宮崎には、平家の落人伝説も残っており、自然と歴史に触れながらドライブを楽しむのがおすすめです。また、宮崎には南北に続く長い海岸線があります。キャンプをしながら、海岸沿いをドライブする楽しみがありますね。南国の風を感じながら、宮崎を縦断してみるのもいいですね。さらに、宮崎のキャンプ場では、太平洋に沈む夕日が格別です。夏休みに家族で宮崎のキャンプ場を楽しみ、美しい夕日を眺め、子ども達との最高の思い出になるはずです!

宮崎のキャンプ場に行く際のオススメ観光スポット

・高千穂峡

阿蘇の熔岩が流れ、浸蝕されてできた峡谷。峡谷には、日本の滝百選に選ばれている真名井の滝などがあり、新緑と紅葉の頃はまさに見事な景観が楽しめます。渓谷の清水を使った夏のそうめん流しでも知られています。

・青島

日南海岸国定公園にある小さな島。鬼の洗濯板と呼ばれる波状岩で囲まれており周囲は約1.5km。島の中心には青島神社があり縁結びの社として知られています。

・えびの高原

えびの市の南に広がるえびの高原。日本ジオパークに認定されており、豊かな自然の宝庫としても知られる県内屈指の観光エリアです。初心者でも散策や山歩き・トレッキングを楽しめるコースが用意されています。

     

キャンプ大好き!名無しさん

キャンプ場の口コミ

  • 口コミ:件/票
  • 写真:件/票